過払い請求の費用

過払い金返還費用は?

過払いに必要な費用はどんなものがあってどの位かかるのか?

 

その種類や金額を知っておくことによって、相談もスムースに進みます。
支払条件や支払時期についても確認をしておきましょう。

過払い必要費用記事一覧

過払い請求にかんしては、ほとんどの専門家が着手金は要求していません。これは取り戻せた過払い金から差し引けばよく、取りはぐれがないものだからと予想されます。同じように基本報酬や成功報酬も過払い金から支払えばいいので、手持ちが全然なくても過払い請求は依頼することができます。専門家としても過払い案件は、返還金の中から費用分を差し引けばいいのでリスクのない案件と言えるでしょう。しかも過払いバブルで着手すれ...

過払い返還の報酬はいくら位なのか?気になることと思います。せっかく過払い金を取り戻せたとしても,それ以上の費用がかかるとしたら請求した意味がありませんからね。過払いの費用は一律といっても良いくらい横並びです。まず基本となる費用は1社あたり2万円くらいです。ただ、この基本費用は返還に成功した場合に払えばよく、返還できなかった場合には支払うことはありません。次に歩合的な費用があります。これは返還額の2...

着手金とは始まりにかかる費用のことです。つまり先払い的な費用ですね。通常、費用の半額程度が必要となります。私が債務整理を頼んだ時には半額を着手時、もう半額を終了時に払いました。ただ、今の専門家は着手金はゼロで受けてくれる人もいます。これは着手金自体をサービスするということではなく、後払いや分割払いでいいということです。過払い請求に関しては、着手金は後払いで払うように対応している専門家が多いです。後...

過払い金請求で赤字にならないようにするには予め無料相談を利用して過払い金の金額を把握しておくことです。無料相談も利用せず、いきなり過払い請求すると過払い金より弁護士費用のほうが多く掛かってしまうこともあります。それには過払い金の無料診断をしている弁護士さんに相談を持ちかけることです。地元の弁護士さんに相談する時には無料診断をしているかどうか確認してから相談しましょう。過払い請求しても赤字になったの...

過払い金の返金を受けるためには過払い金返還請求をしなければなりません。返還請求はふつう弁護士や司法書士の専門家に手続きをしてもらうことになります。その手続きにはどの位の費用がかかるのか、気になることでしょう。専門家によって多少の違いがありますが概ね以下のような相場です。・借金がない状態での過払い請求(完済後の過払い請求)返金額の20%。訴訟の場合25%。事務手数料 実費 (2〜3万円くらい)・借金...

「過払い金請求の料金体系はどうなっているのか?」あまりにも高いのなら依頼するのも考えてしまいますよね。でも、専門家によって大きな違いはありません。大体のところで返金額の20パーセントに設定しています。消費税含めて21.6パーセントです。例えば、200万円の過払い金があったとします。200万円の21.6%は432,000円です。432,000円が専門家に支払う料金です。したがって、1,568,000...

すでに完済している人の過払い請求は、手持ちの費用がなくても大丈夫。返金された過払い金から専門家へ支払えばいいのです。相談時に「今は手持ちがないので返金された過払い金からの支払いはできますか?」と聞いてみてください。過払い金返還は専門家にとっても、魅力のある案件です。取りはぐれがなく、それでいて結構いい手数料が入るからです。ですので、費用がないからといった理由で過払い請求をためらっているのなら心配に...