過払い金の相談はどこに?

過払い金の相談はどこがいいの?

tohi

過払い金についての相談は弁護士と司法書士の法律家にしなければなりません。
それ以外の人にしても実際の過払い請求はできませんからね。

 

 

役場の法律相談など公的窓口では、
過払い金の可否や金額など踏み込んだ対応はしてくれません。

 

 

「過払い金があるか、金額にして幾らの過払い金が発生しているのか」など知りたい場合は
個々の専門家に頼まなくてはなりません。

 

 

公的窓口に相談しても「詳細は弁護士に相談しなさい」と助言されて終わりになってしまいます。

 

 

ですので、過払い金のことで詳しく知りたいなら、
最初から弁護士や司法書士の先生に相談してみてください。

 

 

相談といっても全て無料で受けてくれますし、過払い金の金額まで調べてもらえます。

 

その結果、ハッキリと過払い金があると判明したのなら正式に過払い請求を依頼することです。

 

 

過払い請求を依頼してからの手続きは有料となりますが、
返金された過払い金から支払えばいいので特別な負担はありません。

 

 

返金される過払い金額が法律家に支払う費用を上回れば
過払い請求をしたほうがいいということになります。

 

 

返金額>費用→過払い請求する

 

返金額<費用→過払い請求しない

 

 

返金額は借金の金額や借りてきた年月によって異なってきます。

 

ですが平均額が60数万円と言われていることから多くの債務者に過払い金があることが予想されます。

 

 

何年も借金をしたり返したりを繰り返している人は
もしかしたら借金は消えているかもしれません。

 

借金額以上の過払い金があるということです。

 

 

なお、過払い請求には完済請求と返済中請求の2種類があります。

 

 

完済請求とは、すでに借金を完済した後に請求することです。
返済中請求は、借金ありの状態での請求になります。

 

この場合はまず元金に充当されて、それでも余った分は返金されます。

 

 

いずれにしても相談してみないことには始まりません。
心当たりのある人はすぐに過払い相談をしてみましょう。


おススメの過払い金相談所ベスト3


司法書士法人 杉山事務所

週刊ダイアモンド誌にて消費者金融が最も恐れる司法書士と紹介された事務所。過払い金返還実績も日本一という素晴らしい実績がある専門家です。
1円でも多くの過払い金を取り戻したい人におすすめ。
  
>杉山事務所公式サイトはこちら!

アヴァンス法務事務所

テレビCMでおなじみの「アヴァンス法務事務所」は、着手金・過払い金の成功報酬がゼロ円から可能。相談料は無料で年中無休、全国対応です。
名の知れている事務所に相談したいという人におススメ。

アヴァンス事務所公式サイトはこちら!

おしなり法律事務所

匿名相談が可能な法律事務所。まだ過払い請求をするか決めかねている人も気軽に相談できる安心の事務所です。
全国各地で相談会を実施しているのも信頼の証し。詳しくはホームページをご覧ください。

おしなり法律事務所公式サイトはこちら!

関連ページ

法律事務所のCMが増えてきましたね!
最近では法律事務所のCMが増えてきましたね。内容は借金整理と過払い請求です。
過払い金は費用と返金の兼ね合いで請求しよう
過払い請求するには費用がかかります。費用もバカにはなりません。費用と返金の兼ね合いで請求しましょう
過払い金相談所で無料診断を
過払い金の相談所を利用するときは、無料診断を受けつけている相談所にしましょう。幾らくらい返金されるのか調べてくれます。
過払い金は何ヶ月くらいで戻る?
過払い金は請求してから何ヶ月くらいで戻るのか?すごく気になりますよね。
ブラックでも過払い請求できますか?
もちろんブラックでも過払い請求はできます。と言いますか過払い請求をしたほうが断然いいです。
消費者ローンでも過払いはあるか?
もちろん消費者ローンでも過払い金の対象になっている人はいます。
過払い金請求書の書き方
過払い金の返金を受けるには、過払い金返還請求通知書を書きます。
借金を一瞬で貯金に変える方法!
借金を一瞬で貯金に変える劇的な方法があります。 それは過払い金。
借金を一括返済するもう1つの方法!
借金を一括返済するもう1つの方法とは、払い過ぎた利息、つまり過払い金のことです。
過払い金請求を依頼する時は人気で決めないこと
過払い請求は人気のある専門家または良く知られている専門家に依頼しがちですが、これが間違いの元になることも多々あります。
過払い金がなかった場合の対応策!
過払い金調査をして、過払い金がなかった場合の対応策について説明します。すでに完済している人は諦めるしかないのですが、今現在も取引中の人は2つの対応策が考えられます。