過払い金請求は人気の事務所へ

過払い金請求は人気のある事務所へ頼もう

過払い金請求の実績豊富な人気の事務所はココ!

アヴァンス法務事務所 杉山事務所 おしなり法律事務所

 


テレビCMでおなじみのアヴァンス法務事務所。着手金・成功報酬はゼロ円から。名の知れている事務所がいいという人におすすめ。

 

>詳細はこちら

 


過払い金返還が日本一という素晴らしい実績がある専門家です。少しでも多くの過払い金を取り戻したい人におススメ。

 

>詳細はこちら

 


匿名相談が可能な法律事務所。まだ過払い請求をするか決めかねている人も気軽に相談できる安心の事務所。

 

>詳細はこちら

 

過払い金請求を成功させるコツは、人気のある事務所へ依頼することが大事です。

 

過払い金請求の手続きは、個人でも出来ないことはありませんが、かなりの困難が待ち受けているので、ここではおススメしていません。

 

ある程度の法律の知識がある人や暇ですることがない人、心臓に毛が生えているくらいの神経の持ち主以外は、必ず専門家を通じて過払い請求をするようにしましょう。

 

  • では、どんな事務所が過払い金請求に強い事務所なのか?
  • 人気のある事務所とは、どのように判断すればいいのか?

 

それは次のような特徴のある事務所です。

  1. 過払い金請求を専門にしている事務所
  2. 過払い金請求の着手件数や返還実績が豊富
  3. 手数料が明確
  4. どちらかといえば大手事務所
  5. すぐに着手してくれる事務所

 

それぞれ説明します。

 

 

1. 過払い金請求を専門にしている事務所

 

弁護士や司法書士の専門家は、その事務所によって取り扱う業務は違っています。

 

例えば、離婚、相続、交通事故、不動産、企業案件、刑事事件など、それぞれが得意な分野に特化して業務を行っています。
同じように、過払い金請求に特化し、過払い金返還の案件を専門にしている事務所もあるわけです。

 

飲食店に例えれば、和食と洋食、中華の専門店に分かれているようなものです。
また和食店でも、寿司店や天ぷら店、うどん店など、さらに専門分野に特化しているわけです。

 

もし、あなたが天ぷらを食べたいと思ったなら、天ぷらの専門店に行きますよね。
洋食屋さんには行かないと思います。

 

同じように、過払い金請求も、離婚問題の専門家に頼むよりも、過払い請求に特化した専門家に頼む方が、ずっと有利になることは間違いないと言えます。

 

過払い金請求に特化した事務所は、過払い金のことについての知識が豊富で、実務の場数も多く踏んできているものです。
また日々も研究も怠らずに、如何にしたらユーザーの要望に応えることができるかを常に考えています。

 

 

以上のように、過払い請求をするには、過払い金のことについての専門家、または専門の事務所へ依頼するようにしてください。

 

過払い請求以外の業務も幅広く行っている事務所に依頼してはいけません。
過払い請求に失敗する確率がかなり高くなってしまいます。

 

どうせ同じ手数料を支払うのなら、過払い請求の専門事務所に頼んだ方がいいのは当たり前のことですからね!

 

 

2.過払い金請求の着手件数や返還実績

 

過払い金請求は、払い過ぎている利息分を貸金業者から取り戻す手続きのことです。

 

一見、単純な作業のように思えますが、金融業者によって応対が違うので、そう簡単にはいきません。

 

実際に、満額かそれに近いに金額の返還に応じる業者もあれば、わずか2〜3割の返還にしか応じない金融業者もあります。

 

業者によっては、過払い金を払いたくないばかりに、借入れの分断や時効などを主張してくる業者もいます。

 

これに対抗するためには、それぞれ違った対応をしなければならないので、必然的に過払い請求の経験豊富な事務所が有利になるということです。

 

過払い請求の経験豊富な人気のある事務所は、取り扱い件数を積極的に告知して、自らをアピールしています。

 

ですので、過払い請求の事務所を選ぶ際には、ホームページなどで、どの位の実績があるのか、良く調べてみましょう。

 

多い事務所なら、月でも数百件、年間にして数千件の案件を取り扱っているものです。
また、経験年数も最近始めた事務所より、10年くらいの経験のある事務所の方がいいに決まっています。

 

実際に、最高裁で過払い金返還の有効性が認められた平成18年当時から過払い請求をしていれば、10年以上の経験に相当しますからね。

 

とはいえ、経験年数や取扱件数の多い少ないだけで事務所を選んでは失敗する可能性があります。
経験年数や取扱件数と同じくらいに大事なことは返還率です。

 

 

過払い金の返還率も大事な要素

 

実は貸金業者は、交渉相手の事務所によって、返還する過払い金の割合を決めていると言われています。

 

こういうことも我々消費者が置き去りにされている面も否めませんが、本来なら過払い金は全額が返金されるのが当たり前のことです。

 

しかし、貸金業者は、財政面や諸々の理由から、いかに値切ろうかと日々思案を重ねているわけです。
そこで、過払い請求の経験の浅い、素人の事務所からは、わずか2〜3割の返還率で交渉してくるわけです。

 

過払い請求の経験の浅い素人の事務所は、過払い金を取り戻すノウハウがないので、結局は貸金業者に押し切られて、わずかの過払い金で和解をしてしまうことになります。

 

反対に過払い請求の経験豊富な人気のある事務所なら、貸金業者も迂闊には対応できません。
いい加減な対応をすれば即刻、訴訟に持ち込まれて満額以上を払うはめになってしまいますからね。

 

このように高い返還率を誇る事務所のほうが過払い請求のレベルが高く、ユーザーとしても多くの過払い金を取戻せることになります。

 

過払い請求の経験豊富な人気のある事務所なら、ホームページに過払い金の返還率など具体的内容まで掲載しています。

 

取り扱い件数はもちろん、返還率なども過払い請求に強い人気のある事務所を判断する大切な要素になるので、積極的に参考にしましょう。

 

 

3. 手数料が明確

 

事務所に支払う手数料からも、過払い請求に強い事務所であるかどうかが分かります。

 

当然ですが過払い請求をするには、依頼した事務所に手数料を支払わなければなりません。

 

専門家である弁護士や司法書士は、その報酬基準が明確に定められているので、その範囲内であれば自由に設定しても良いことになっています。

 

ですが、その手数料が明確になっていない事務所も存在しています。

 

たとえば、「着手金が必要なのか明記していない」「成功報酬は○○パーセントから」など。

 

特に「〜から」なんて、曖昧な表現の最たるものですよね。
上限がどこまであるのか全然わかりません。

 

ユーザーとしては、「ぼったくられるのでは?」と疑ってしまいます。

 

こういうことから、ハッキリと「○○パーセント」と明確にしている事務所に人気が集まるのは当然なことになります。

 

一般的に過払い金返還の場合、返金された金額の20%が相場です。
訴訟の場合で25%です。
事務所によっては、1%〜2%程度の割引をしているところもあります。

 

過払い金請求にかかる手数料は、明確に示している事務所の方が安心できるので、必然的に人気が集まり、多くのユーザーが過払い請求を依頼することになります。

 

手数料が明確かどうかも信頼のおける事務所を選ぶ際の大切な基準になります。

 

 

4. どちらかといえば大手事務所

 

過払い請求を請け負う事務所には、何十人もの専門家が在籍している大手事務所もあれば、個人で運営している零細事務所もあります。

 

大手事務所と零細事務所のどちらに過払い請求を依頼したほうがいいのか?
迷う人もいることでしょう。

 

過払い請求に強い専門の事務所ならどちらでもいいです。

 

ですが、大手の事務所の方が圧倒的に処理速度は速くなります。
大手事務所は分業制で効率よく業務を進めたり、複数の専門家が対応することにより、スピーディに解決できるわけです。

 

ユーザーとしても、少しでも早く過払い金を受け取りたいと思いますよね。
「多くの過払い金を早く受け取りたい」というのがユーザーの本音です。

 

ですので、過払い請求を依頼する事務所は、複数の専門家が在籍している大所帯の事務所がよろしいでしょう。

 

ただし、個人の事務所でもユーザーのためを思って、真摯に対応してくれる所もあります。
それに費用的にも個人の事務所の方が低めの傾向にあります。

 

時間はかかるかもしれないけど、親切丁寧にじっくりとユーザーに向き合うという特徴があるのが個人や零細の事務所です。

 

いずれにしろ、大手でも個人でも、過払い請求に特化した人気のある事務所に依頼することが必須のことになります。

 

過払い請求に特化した人気のある事務所へ依頼すれば、大手個人に関わらずに、満足のいく返還手続きをしてくれることでしょう。

 

 

5.すぐに着手してくれる事務所

 

すぐに過払い請求に着手してくれる事務所を選ぶことは当たり前のことですね。

 

しかし、事務所の中には、たくさんの過払い案件を抱えていて、待ちの状態の事務所も少なくありません。

 

ご存知のように今、過払い金返還はブームのような体をなしています。
過払い金バブルと呼んでいるマスコミもけっこうあります。

 

過払い請求の専門家の元には、毎日毎日過払い金返還の依頼が殺到しているのが現状です。

 

このような状況の中では、自社の処理能力を超えてしまっているほどの案件を抱えている事務所もあるということです。

 

実際に過払い請求を依頼してから、半年も1年も待たされるという話しは、ちょくちょく聞きますからね。

 

こういう事務所を避けるには、過払い金の相談時に「いつ着手できるのか?」を必ず聞き出してください。

 

そして、「直ちに着手します」という事務所だけに過払い請求を依頼することです。

 

直ちに着手できる事務所なら、すぐに「取引履歴の開示」を要求して、返還交渉に入ってくれます。

 

過払い金の返還までの期間は、できれば3ヶ月以内、遅くても6ヶ月以内に終了できることが望ましいです。

 

もちろん、金融業者の対応にも関わってくるので、全部の過払い金返還が短期で行えるということはありません。

 

ですが、過払い請求の強い人気のある事務所なら、そうでない事務所よりも圧倒的に早く返還までの処理を行ってくれます。

 

以上のようなことから、過払い請求を依頼する際には、必ず直ちに着手できる事務所を選ぶことが大事です。

 

それには、返還までの期間を明確に提示している事務所が良いということです。

 

 

過払い金請求は人気のある事務所へ/まとめ

 

以上、「過払い金請求は人気のある事務所」の選び方や対応の仕方でした。

 

過払い請求は、大変複雑な手続きや交渉ごとが必要ですが、基本的にユーザーがすることは専門家や事務所を選ぶことまでです。

 

いったん事務所を選んでしまえば、あとは専門家が全ての手続きを代行してくれますし、実際に過払い金が入金されるのを待つだけでいいのです。

 

専門家や事務所を選ぶことだけが、ユーザーの唯一の行動であり、もっとも大事なことになります。

 

くれぐれも過払い請求は、過払い金に特化した経験豊富な人気のある専門家や事務所に依頼してください。

 

過払い金というのは、自分で思っている以上の金額であるものです。

 

実際に、過払い金を返金された多くの人が「こんなにも多くの過払い金が戻るとは思わなかった」「もっと早くに手続きすればよかった」と言っています。

 

ただ、過払い金というのは「貰うもの」ではなく「取り返すもの」です。

 

あくまで自分のお金を取り戻すだけのものに過ぎません。
自分のお金を取り戻すことは当然のことですよね。

 

しかし、この世には過払い金のことに気がついていない人や過少評価をして過払い請求することを躊躇している人もいます。

 

本当に勿体ないことです。

 

今すぐに過払い金調査をしてみて、過払い金が発生していることが判ったなら、キッチリと全額を取り戻しましょう。

 

過払い金請求の実績豊富な人気の事務所はココ!

アヴァンス法務事務所 杉山事務所 おしなり法律事務所

 


テレビCMでおなじみのアヴァンス法務事務所。着手金・成功報酬はゼロ円から。名の知れている事務所がいいという人におすすめ。

 

>詳細はこちら

 


過払い金返還が日本一という素晴らしい実績がある専門家です。少しでも多くの過払い金を取り戻したい人におススメ。

 

>詳細はこちら

 


匿名相談が可能な法律事務所。まだ過払い請求をするか決めかねている人も気軽に相談できる安心の事務所。

 

>詳細はこちら

 

過払い金請求のデメリットを知っていれば怖いものなし


過払い金請求にはメリットとデメリットの両方があります。

 

過払い金請求のデメリット

 

まずデメリットですが、次のようなものです。

  1. 信用情報機関への金融事故登録
  2. 過払い請求の相手業者からは永遠に取引できない
  3. 取引後10年を過ぎると時効で請求できない

 

信用情報機関への金融事故登録は、完済している人や借入額以上に過払い金がある人は対象にはなりません。

 

金融事故登録は、現在借入れ中の人が過払い請求をした場合で、かつ過払い金の額が借入額を下回っている場合だけです。

 

「過払い請求の相手業者からは永遠に取引できない」ことは、全ての人に当てはまります。
これは業者独自のペナルティです。

 

ですが、他の金融会社やカード会社を利用すればいいのであって何も問題はないでしょう。

 

「取引後10年を過ぎると時効で請求できない」は、完済している人の要注意事項になります。

 

最後の取引(完済時)から、10年を過ぎると、過払い金の請求権は時効により消滅します。

 

今現在、借金をしていなくても、過去に借入れていた記憶のある人は早急に調べてみましょう。
大金を失ってしまいますからね。

 

以上、過払い請求のデメリットですが、まとめると次のようなことになります。

 

  借入れ中の場合 完済の場合
信用情報機関への金融事故登録 (過払い金<借金)登録 登録にならない
過払い請求の相手業者からは永遠に取引できない 該当する 該当する
取引後10年を過ぎると時効で請求できない 該当しない 該当する

 

 

過払い金請求のメリット

 

一方、過払い請求のメリットは、そのままズバリ「過払い金」が戻ることです。

 

忘れていたタンス預金が、実はあったという感じですかね。
いや、そもそも支払わなければならなかった金利なので、戻るとは夢にも思わなかったでしょう。

 

「棚からぼたもち」的な類いのお金になるかもしれません。

 

ただ、過払い金は最高裁で認められた「払い過ぎた利息」のこと。
法律的にも証明された「取り戻せるお金」なのです。

 

ですので、なんのためらいも入りません。
正々堂々と返金させる手続きを起こしましょう。

 

過払い金は、金融業者から自主的に返還されることはありません。
過払い金があること自体も隠しているのが実態です。

 

そして時効により、請求権が消滅するのをジッと待っているのです。

 

そんなズル賢い業者の手口にハマってはいけません。
あなた自らが、過払い金返還に向けての行動を起こさねばならないのです。

 

とにかく今するべきことは、過払い金調査をして、幾ら位の過払い金があるのかを調べることです。
くれぐれも過払い金を放棄するような愚かなことはやめましょうね!

 

過払い金請求の実績豊富な人気の事務所はココ!

アヴァンス法務事務所 杉山事務所 おしなり法律事務所

 


テレビCMでおなじみのアヴァンス法務事務所。着手金・成功報酬はゼロ円から。名の知れている事務所がいいという人におすすめ。

 

>詳細はこちら

 


過払い金返還が日本一という素晴らしい実績がある専門家です。少しでも多くの過払い金を取り戻したい人におススメ。

 

>詳細はこちら

 


匿名相談が可能な法律事務所。まだ過払い請求をするか決めかねている人も気軽に相談できる安心の事務所。

 

>詳細はこちら

 


関連ページ

過払いは請求することにより取り戻せる
過払いは請求することによって取り戻せます。請求しないとずっと取り戻せません。
過払い金請求の引き直し計算の仕方
過払い金請求の引き直し計算は大変複雑になっておます。
過払いで借金を引き直し清算できる
過払いの引き直し計算で、今ある借金を引き直し清算できます。
過払い請求は自分でもできますか?
過払い請求は自分でもできますよ。意欲のある人は自分でやってみましょう。
過払い請求はどの位の期間がかかるのか?
過払い請求してから実際に回収できるまでの期間はどの位かかるのか?
過払い金計算ソフトを入手しよう
過払い金は請求することから始まります。過払い金の計算ソフトは幾つかネット上で公開されています。
過払い金返還請求の必要書類とは?
過払い金返還請求に必要な書類は次のようなものです。
埼玉県で過払い金請求をしたい場合は
埼玉県にお住まいの人は埼玉県にある事務所に依頼したほうが安心しますよね。ただし過払い請求に強い人気のある専門家に相談することは必須のことです。
借金を減らすどころか返してもらおう!
債務整理をすると借金を減らすことができます。
過払い金請求|どこがいいか迷ったらこうしよう!
ネットやテレビ、雑誌にと、たくさんの過払い金請求を宣伝している事務所がありますが、正直どこがいいのか?迷ってしまいますよね。そんな時の判断の仕方を紹介しています。
過払い金の安全性は大丈夫?過払い請求する人はここだけは注意を!
過払い金の安全性は本当に大丈夫なのか?過払い請求する人への注意点とは!